眼鏡屋が、医学的なことをとやかく言わないのが、ルールかもしれませんが、

ちょっとだけ、お許し下さい。



あまり公表はされてないかもしれませんが、

2004年くらいから、老眼を手術で治す方法が日本でも行われるようになっています。

伝導性角膜形成術という手法です。

メスを使わない方法で、眼の角膜の外側にラジオ波と呼ばれる高周波エネルギーを

あてることによって、角膜のコラーゲン組織の一部を収縮させて、

角膜の中心は元のままの形状を保ちながら、

角膜の外側だけの形状を変えることによって、

遠くの視力を維持したまま、近くの視力を向上させます。


また、最近では、

片方の眼の角膜にカメラインレー(KAMRARInlay)と呼ばれるリング状

のものを挿入することによって、遠くの見え方をあまり下げることなく、

近くの見え方を改善する、老眼の方を対象とした手術・治療法も開発されています。



※後述した手術は、レーシックを受けた方は手術できません。



ただ、どちらも角膜を操作する大変リスクのある手術であることは

間違いありません。

以前、角膜についてお話したことがありますが、

まだ新しい手術、治療法なので、手術を受けて10年後、20年後など、

将来に向かって何が起こるか分からない不安がある。


もちろん、レーシックについても隠れた障害例は沢山あります。


眼鏡屋として言えることは、目にメスを入れることの

リスクを充分理解した上でレーシックや老眼手術をご検討下さい。

かなり、安易にレーシックを受ける方が大変多くなっております。

近視や遠視、または老眼は、病気ではありませんから・・・。

 


以前にも少しふれたことがあるのですが、

コンタクトレンズを使い続けることによる弊害について少しお話します。

角膜に角膜内皮という細胞膜があります。角膜(黒目)の内側にある一層の細胞膜です。

角膜の水分調整をしたり、栄養補給をしたりするところです。

kansen1_naihi1.gif

naihi.gif


この角膜内皮細胞の正常値は、20代で2900〜3200個、

30代で2500〜3000個40代で2200〜2800個といわれています。


コンタクトレンズを使い続けると、恐ろしいことにこの内皮細胞が減少していきます。

これはたくさんの酸素を必要とするのに、コンタクトレンズの使用で酸素供給が減ると

内皮細胞が死んでいくからです。


しかも、残念なことにこの細胞は再生されません。

この内皮細胞数が2000を切ると注意信号で、

1500を切ればコンタクトの使用を止めなければなりません。

コンタクトは20年から25年が限界だそうです。

残念ですが失明という悲しい事態も起こっているのです。

コンタクトレンズを使用している方は、

すぐにでも角膜内皮細胞の検査を受けられることをお奨めします。

また、おしゃれとしてカラーコンタクトが流行っていますが、

カラーコンタクトは、いわばおもちゃのようなものなので、

目に悪い影響を与える可能性がありますので、ぜひ検査をオススメします。



以上、こわ〜〜〜い話でした☆


老眼。名前が良くないですが、実は老眼にならない方はいません。

よく、『ワタシは老眼にならない』なんて方をお見かけしますが、

実際は、老眼になっていない方はいません。


ワタシは、すでに遠近両用を使用していますが、

老眼とは、正式名称は『老視』。

加齢により、水晶体の弾性が失われて調節力が弱まり、

近くのものに焦点を合わせることができなくなってくることを言います。



実際は、25歳くらいから調節力が弱まってきます。

大体45歳前後から50歳代ごろに自覚症状が出やすく

なるのですが、多くの方が我慢してしまい、眼精疲労を

招いてしまいます。


老眼をかけるとすすむって思われている方が多いのですが、

老眼をかけることと老眼の進行は無関係です。

その証拠に、老眼をかけなくても皆さん老眼度数が進行しています。

老眼はかけなくても、加齢と共に進んでいきます。

しかし、ある一定のところまでくると、進行しなくなります。


パソコンが見えづらくなったり、疲れるようになったら、

是非、ご相談下さい。

いい眼鏡屋知ってますから・・・(笑)

 


白内障とは、

<以下、参考文献抜粋>------------------------------

白内障とは、目のなかのレンズである「水晶体」が白くにごる眼病です。

水晶体は本来、透明です。

ところが、その水晶体が白くにごると、ちょうど”すりガラス”をとおして見たようになります。

すると、鮮明な光が、網膜まで届かなくなります。そのために、ぼやけて見えるわけです。

白内障のほとんどは、加齢性のものです。年をとれば、誰でもかかるもの。

白内障の進行の程度は、人によって差があります。

病状がどんどん進行して、視力が低下していく人もいれば、

進行が非常にゆっくりな人もいます。死ぬまで、とくに自覚症状がない人もいます。

いったん、水晶体が白くにごって視力が低下すると、

もとの透明度を取り戻すことは困難になります。

ただし、手術によって白くにごった水晶体を取り出して、

人工の眼内レンズをいれれば、視力回復は可能です。

白内障の手術は、痛みもなく、日帰りで済ますことが可能です。



-----------------------------------------------------

目にとって紫外線は、白内障や黄斑変性症などの眼病にかかる、きっかけに。

そのため、できるだけ、紫外線をカットする工夫がたいせつです。


紫外線とは電磁波の一種です。

「可視光線」ではないため、紫外線は目に見えません。

紫外線を浴びすぎると、目はダメージをうけます。

角膜が障害を受けると、その日のうちに、ヒリヒリと痛みます。

長年、紫外線を多く目に受けていると、結膜の細胞が変性してきます。

水晶体は紫外線を吸収して、盾となって網膜を守っています。

そのため、水晶体のたんぱく質が変性して、白内障になると考えられます。



紫外線から眼を守るためにもサングラスをぜひ掛けてくださいね。

そして、サングラスを掛けてる人手で表町を埋め尽くしましょう〜☆



先日、膠原病で闘病中のお客様がご来店されました。

その方は、膠原病の治療薬の副作用で白内障を発症され、

数ヶ月前に白内障の手術を受けられて、ご来店されました。


お話によると膠原病の治療薬の副作用で急激に白内障が進行し、

手術をしなければならないほどになったとおっしゃられてました。


膠原病は複雑な疾患で、いろいろな投薬がされるようです。

ステロイド薬が、炎症を抑える作用と免疫を抑制する作用を併せ持つ

唯一の薬で膠原病治療の中心となっています。


これには副作用が伴い、

胃潰瘍、感染症、肥満、糖尿病、ムーンフェイス、

骨粗鬆症、にきび、大腿骨頭壊死、白内障・緑内障、高血圧などがあります。



この方は、白内障と緑内障を発症されているようで、

白内障の方は、手術にて見えるようになりましたが、

緑内障は、眼圧を抑える点眼薬を常用しておられます。



メガネでお役に立てることをしようと思い、

遮光率の高いサングラスを製作させて頂く事となりました。

少しでも快適な見え方が出来る様に精魂込めて作らせて頂きたいと思います。


先日、眼鏡をお作り頂いたお客様で、コンタクト装用中止で眼鏡生活を

余儀なくされた方のお話を少し・・・。


角膜は、5層構造になっていて、その一番内側にあるのが、角膜内皮細胞。

これが、通常1平方ミリ当たり2500個〜3000個あるのですが、

長年にわたりコンタクトを常用しているとこの角膜内皮細胞が障害を受け、

少なくなってしまうようです。

これが500個を切ると角膜浮腫が起こる可能性が高くなり、

角膜浮腫が起きると、水泡性角膜症を発症し、失明にいたります。


この方は1000個を切ると診断され、当然コンタクト装用中止。


しかも、この角膜内皮細胞は、再生されません。

コンタクトを装用されている方は、ぜひ眼科さんで確認していただいたり、

検査を必ず受けるようにして下さい。


こわ〜いお話でした☆


レーシックをされた方ってかなりいらっしゃると思います。

最近、当店にいらっしゃる方でレーシック後の度数変化でご来店される方が増えてます。


レーシック手術後の1.2〜1.5の視力から

2,3年経ってから、少し近視傾向になり、0.4〜0.5程度に変化された

方が最近増えてます。



レーシック後も環境変化によって、度数変化をする場合があります。

特に近方作業をされている方が多いようです。



レーシックをお考えの方もぜひ参考にしてください。



40歳代後半から50歳代にかけて、眼精疲労を訴える方が大変多くなっております。

もちろん、初期の老眼(老視)が主な原因なのですが、

20歳代〜30歳代の方でも、眼精疲労を訴える方が、これまた非常に多くなっております。

主な原因として、長時間のパソコン作業などが考えられます。


お若い方でも、夕方近くになるとパソコンや書類の文字が二重に見えたり、

ボヤけてしまったりすることがあります。


この場合、両眼視機能不良が考えられます。

人間眼は両眼を寄せたり開いたりする、輻輳や開散運動をしますが、

これが上手く働かないと、非常に疲れます。


こういった場合、メガネではプリズムレンズを入れることにより

解消することがあります。


メガネでお役に立てることがあるかもしれません。

当店では、詳しく検眼をさせて頂いておりますので、

ぜひ、症状などをお気軽にご相談下さい。

1

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

今週のええ眼鏡


中野屋眼鏡院オフィシャルサイト


Lafont(ラフォン)

ラフォン2008年コレクション新登場。 女性らしさが引き立つエレガントで美しい逸品です。


BELLINGER(ベリンガー)

デンマーク製。ベリンガー新発売。 今、ヨーロッパでも注目の逸品です。


Face a Face(ファースアファース)

フランス製。建築デザインと現在の流行の類似点を組み合わせ、さまざまなアイデアを フレームデザインに取り込んでいます。斬新でスタイリッシュな活動的な 都会人のためのアイウェアです。

中野屋眼鏡院店主ツィート




Topics




今日の岡山お天気

ファジアーノ岡山




Archive

Recommend

生き方―人間として一番大切なこと
生き方―人間として一番大切なこと (JUGEMレビュー »)
稲盛 和夫
京セラ稲森和夫会長の哲学的な1冊。これは私のバイブル的な本です。

Recommend

cafe lounge ROSE HIP TEA
cafe lounge ROSE HIP TEA (JUGEMレビュー »)
オムニバス
今月のBGM

Recommend

アンフォゲッタブル(デラックス版)
アンフォゲッタブル(デラックス版) (JUGEMレビュー »)
ナット・キング・コール,ナタリー・コール
言わずと知れたキングナットコール!!ナタリー・コールとのアンフォゲッタブルこそ忘れられない。

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • クリスタルボール☆サングラス フルラインナップ
    トゥーサン
  • 遠近両用に慣れにくい方へのご提案 〜遠近Vパット〜
    友廣 珠代
  • 2013年☆新春初売りSALE開催中☆
    通りすがり
  • 坂本龍一が掛けている眼鏡 〜Jacque Durand (ジャックデュラン)〜
    寺嶋賢治
  • 第1回(平成23年度)キラリ☆輝くOKAYAMA小売店表彰、優秀店受賞☆表彰式編
    中野屋眼鏡院 店主
  • 第1回(平成23年度)キラリ☆輝くOKAYAMA小売店表彰、優秀店受賞☆表彰式編
    アイズアリーナ
  • レスザンヒューマン☆キターーーーーーーーー☆
    健一
  • ひな祭り人前結婚式
    るー
  • 第1回(平成23年度)キラリ☆輝くOKAYAMA小売店表彰、優秀店受賞☆表彰式編
    松本
  • 第1回(平成23年度)キラリ☆輝くOKAYAMA小売店表彰、優秀店受賞☆表彰式編
    中野屋眼鏡院 店主

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM